院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
診療科担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
診療実績・臨床指標
個人情報保護方針
健康管理センター
訪問看護ステーション

神経内科

 神経内科は、脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診る内科の中の一つの診療科です。対象となる症状は、しびれやめまい、頭痛、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、かってに手足や体が動いてしまう、もの忘れ、意識障害などです。
 このような症状を認めた場合には、まず、神経系のどこの障害であるかを見極めることが大切です。神経診察をして、病巣診断を的確に行うのが、神経内科の真髄です。
 神経診察の結果、脳卒中、パーキンソン病、末梢神経障害などの場合は、そのまま、神経内科で治療を行います。もし、骨や関節の病気が原因疾患であれば、整形外科に、脳の手術が必要なときは脳神経外科に、精神的な疾患であれば、精神科に、それぞれ相談して、各科と協力して診療します。中には、眼科や耳鼻科の病気の場合もあります。
 しかし、実際には、前述の症状の多くは、脳や神経の病気で発現しているので、通常は、神経内科で診療します。

対象疾患

*  脳卒中
*  パーキンソン病
*  頭痛
*  めまい
*  末梢神経障害
*  多発性硬化症  など

神経内科外来

日程  毎週木曜日 午前9時~12時 (要予約)
場所  1F 内科外来にて
担当医  内科 高嶋 修太郎(神経内科専門医)
PageTop