院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
診療科担当表 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
診療実績・臨床指標
個人情報保護方針
医療安全管理指針
感染管理指針
医師負担軽減の取り組み
看護師負担軽減の取り組み
健康管理センター
訪問看護ステーション
地域連携相談室

平成29年度 高岡ふしき病院 病院指標


  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数


年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - 15 65 119 201 341 482 194

定義

年齢階級別退院患者数は、当院を退院した患者について、入院時の満年齢に基づき10歳刻みの年齢階級別に集計しています。

特徴

当院の入院患者は、70歳以上が71.47%、80歳以上が47.51%となっており、高齢者が多くの割合を占めています。
なお、患者数の最も多い区分は80歳代で全体の33.87%であり、地域における高齢化を反映していると言えます。
0~9歳、10~19歳、20~29歳の各区分については、いずれも患者数が10人未満のため「-」となっています。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)



内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 処置2_6あり 76 2.00 2.90 0.00% 68.00
070470xx99x5xx 関節リウマチ 手術なし 処置2_5あり 76 3.18 6.71 0.00% 67.00
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり 66 1.98 2.07 0.00% 58.00
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 38 39.71 17.71 10.53% 87.00
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1なし 33 2.91 3.43 0.00% 55.00


内科では、関節リウマチの症例が多く、次いで睡眠時無呼吸症候群がこれに続きます。
当院では、専門外来(もの忘れ外来、リウマチ外来、睡眠外来、心臓リハビリテーション外来、禁煙外来等)や糖尿病センターにおいて、専門の医師・看護師・コメディカルスタッフが診療及び療養支援を行っています。





消化器科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 149 2.32 2.68 0.00% 64.00
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 手術なし 16 2.25 3.02 0.00% 80.00
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし - - 10.61 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし - - 12.34 - -
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 処置2なし - - 8.73 - -


消化器科では、小腸大腸の良性疾患(内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術)に関する症例が大半を占めています。
内視鏡治療に定評があり、平均年齢も若く、平均在院日数についても全国平均より短くなっています。
3位以下の症例については、患者数が10人未満のため「-」になっています。




小児科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし - - 5.50 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

いずれも患者数が10人未満のため「-」になっています。




外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 19 55.00 19.94 5.26% 88.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 13 47.69 20.83 30.77% 88.00
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア - - 5.15 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 処置2なし - - 19.01 - -
060340xx02100x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1あり 処置2なし 定義副傷病なし - - 20.22 - -


外科では、胸椎・腰椎以下骨折損傷、誤嚥性肺炎の順に症例が続き、平均年齢はいずれも88.00歳となっています。
その他の症例については、いずれも患者数が10人未満のため「-」になっています。





眼科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 135 2.54 2.85 0.00% 77.00
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 処置2_4あり 12 2.00 2.47 0.00% 78.00
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 処置2なし - - 3.29 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.32 - -
020340xx99xxxx 虹彩毛様体炎、虹彩・毛様体の障害 手術なし - - 11.91 - -


眼科では、白内障・水晶体の疾患が症例の大半を占めており、これに黄斑・後極変性が続きます。
どちらも平均年齢は77~78歳で、平均在院日数も全国平均と比較して短い傾向にあります。
その他の症例については、いずれも患者数が10人未満のため「-」になっています。




初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数






初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

いずれも患者数が10人未満のため「-」になっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等






患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 40 27.00 86.48
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -


中等症の患者が全体の約8割を占め、平均年齢は86.48歳、平均在院日数は27日となっています。
その他の重症度については、いずれも患者数が10人未満のため「-」になっています。


脳梗塞の患者数等


発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 27 40.52 78.56 19.00%
その他 11 42.82 84.45 9.00%

当院における脳梗塞の症例は高齢者が大半を占めており、その平均年齢は「発症日から3日以内」で78.56歳、「その他」で84.45歳となっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)



内科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -

いずれも患者数が10人未満のため「-」になっています。




消化器科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 145 0.32 1.34 0.00% 63.68
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -


K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)の症例は145件でした。平均年齢は63.68歳で、短期入院が特徴です。
その他の手術については、いずれも患者数が10人未満のため「-」になっています。

 

 

 

小児科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

小児科については、該当する手術がありません。




外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 12 1.33 17.08 91.67% 81.17
K6182 中心静脈注射用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) 12 9.33 16.17 41.67% 86.83
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) - - - - -


外科では、K664 胃瘻造設術と、K6182 中心静脈注射用埋込型カテーテル設置が上位を占めており、平均年齢はいずれも80歳代となっています。
また、胃瘻造設術後は他の病院・施設等への転院が多い傾向にあります。
その他の手術については、いずれも患者数が10人未満のため「-」になっています。





眼科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 135 0.00 1.54 0.00% 76.61
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -


眼科では、水晶体再建術が全体の約9割を占めています。
平均年齢は76.61歳となっており、術後日数は平均1.54日、概ね1~2泊の入院となっています。
その他の手術については、いずれも患者数が10人未満のため「-」になっています。




その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)





DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

いずれも患者数が10人未満のため「-」になっています。

更新履歴
2018/09/21
「平成29年度 高岡ふしき病院 病院指標」を公開いたしました。


 
PageTop